設計/施工会社の皆さまへ 自然塗料 AURO(アウロ) 設計/施工会社の皆さまへ

環境先進国のドイツでは
【自然塗料 = 原則的に石油を含まない塗料】という定義があります。

日本国内では、「天然成分よりも安全と称する不可解な石油」が存在し、主に溶剤として使われています。
溶剤は通常、塗料の大半を占める重要な成分ですから、溶剤が石油ということは、その塗料のほとんどが石油といっても過言ではありません。
このように石油を大量に含む塗料も、日本国内では自然塗料(または自然系塗料)として公然と流通・使用されております。

自然塗料 AURO(アウロ) 設計/施工会社の皆さまへ 日本国内ではどちらも「自然塗料」として流通しています。

誰にも自信をもって勧められる「ホンモノの自然塗料」を選んでください。

安全な石油があると主張することや、そういうものを使うことを否定するつもりはありませんが、
これだけは理解しておいてください。最近では、個人でも簡単にインターネットを利用して情報収集ができるため日本国内でもドイツと同じように、
【自然塗料 = 原則的に石油を含まない塗料】と認識する人が増えています。

もし施主様や設計士様が【自然塗料 = 原則的に石油を含まない塗料】という認識のもと、
自然塗料を指定したにも関わらず、施工業者が石油を大量に含んだ塗料を安易に使ってしまったとしたら…?
当然、トラブルのリスクが高くなります。

実際に、施主様が施工後の石油臭に悩んだり、アレルギー症状を発症したりする場合もあり、
施工のやり直しなどの事例も増加傾向にあります。トラブルを未然に防ぐためにも、
自然塗料を扱うすべての人が正しい知識を持ち、誤認識がないよう双方で確認をしていく必要があると考えています。

アウロジャパンの企業情報を見る

NAVIGATION 

COPYRIGHT 2017 AURO JAPAN Corporation ALL RIGHTS RESERVED